6畳間で作る自作キャンピングトレーラ(14)配線と台車取付け

送られた部品を確認して大体の構成を頭に入れ、組み立て手順を想像しました。一人で全重量150Kgを組み立てるには手順が大切。台車を立てた状態にして足回りを取付け、重力を利用して倒し正立させる必要があります。

後からでは面倒なので先ずは、配線をしました。配線は単線を束ねてリード(針金)をフレームに通し配線を引きます。言葉では簡単なんですが小さな穴を抜けたり直角だったり結構頭使います。(笑)

IMG00111

ここは一番後ろなのでテールランプやバックランプなどが重なることろです。

IMG00112

左上は直角に曲がる場所で中央に束ねたところがトーバーの起点になります。ここから牽引車へと配線されます。

IMG00117

配線も終わり、台車を正立させた状態でフェンダー等殆どの部品は手付かず、しかし全体像が見えてきました。

(追記)

後からランプ類を付けて悩んだのですがフレームや金属部品に分厚い塗装がされているためボルト締めしても電気が絶縁され思い通りにランプ点灯しない、しかも複数発生。アースラインを追加する事になりました。亜鉛引きフレームが欲しかったです。