リニアクルーズLC210をジムニーに取付(1)

先に旅ではジムニーと自作トレーラの組み合わせで名古屋から九州まで片道約800Kmを15時間走りましたが流石に夜通し走るのには無理がありました。そんな疲れも少しは軽減できるかと後付けクルーズコントローラの取付に挑戦してみました。

LC210
LC210

これはSERIOUSで販売しているクルコンと言われる後付けセットです。最初は「Rostra 250-1223 」も考えていたのですが機能面からLC210に決定しました。

取付作業はコントルールスイッチの取付とコントローラーの配線、そしてエンジンルームの作業に別れます。

まず、ジムニーはハンドル回りが狭いのでコントローラーを付けるとハンドルでほとんど見えなくなってしまいます。そこで3Dプリンターでコントローラ台を設計しました。

image5

実際にプリンターで印刷し取り付けてみました。

dav
dav

image

こんな感じです。感じはそれなりに良かったのですが目障りな感良くなかったです。

そこで改良

hdr
h

この位置に移動させました。この位置は運転ポジションから視線の先にコントローラのインジケータも見えてとてもGoodでした。このコントローラを固定するにあたり後ろにやはり3Dプリンターで補強プレートを作り入れています。

image4

これで結構丈夫になりました。

3Dプリンターて便利です。